2011年7月31日日曜日

再開・ベトナム便り(その1)




M先生へ

お久しぶりです。
たまにはこういうメールもいいんじゃないかと連絡しました。

現在、ハノイから東に100km程行ったハイフォンという港町にいます。
ここには野村ハイフォン工業団地があって、ここが職場です。
前回のどっぷり現地人生活ではなかったのですが、やはり働き始めると、
日本人同士の付き合いが非常に多くなります。

週3、4で飲み食いをし、私は行っていませんが、週末はゴルフや釣り
などに行く日本人ばかりです。正直、きついですね。私は相も変わらず、
そこらへんを散歩している方が気が楽ですし、楽しいです。

職場はこじんまりとした15人規模のオフィスと工場です。
ぜいたくはできないですが、私としては十分贅沢な暮しです。
朝や帰りは運転手がいてくれて、部屋も掃除してくれる方がいます。
上司の方々と同居しているので、前みたいに現地に放り出されていいですから、
一人で生活したいです。まあ、とは言いつつ、最初の段階ではありがたいのですが。

円高を実感します。前回1円が180ドンだったのに、今回は250ドン以上です。
業務的に円高に救われていることはあるのですが、なんか両替感覚が狂います。

企業では最低賃金引き上げがホットな話題です。
いきなり20%以上引き上げるつもりで、さらに勤務時の飯代も企業が負担しろとのことです。
ある程度の企業負担はやむを得ないですが、企業頼みの福利厚生には、
社会主義国の名が泣いているようです。

ハノイハイフォン間には工業団地が乱立しており、近隣の労働者はむしろ足らず、
企業も寮などを建設して全国的に応募をかけています。
賃金安くてベトナムに来るという選択肢も、ある程度時間が経てばなくなりそうです。
ベトナムも生き残り策を考えていかなければ、けっこうやばい状態です。

まあ、まだ路上のご飯もたくさんありますし、そこらへんに喫茶店があって、
特に休日は何だか知らないですけど人が集まっています。
ベトナム語も少しずつ思い出しているという感じです。

とりあえず、たぶん、痩せてきてますよ!

では、また!

写真は、工業団地の風景やそこらへんの風景や、


ビアホイという庶民の飲み場から買ってきたピッチャーのビール(100円!)です。