2011年8月12日金曜日

心体一致?

電力会社の笑いが止まらないような酷暑が続いている。夕方になると、やっと風が吹き人心地がつく。その頃には、頭はオーバーヒートしていて、頭蓋を開いて中に風を通したい状態になっている。それでも、食欲はあるのだから結構なことだ。専ら火を使わない食事ばかり。

以前からクーラーは使わないことにしている。どうにも身体に合わないし、電気代を余計に払いたくないというケチからだ。当然の成りゆきから、家の中では見ている人がいないことに乗じ、あられもない格好をしてうろついている(はい、自宅で仕事ができる特権です)。すると鏡に映った我が身の様子が何か気になってきた。よく見ると体幹が腹の辺りから左に曲がっているではないか。臍曲りであること(衣服に隠されていた!)か、どうしても「左向き」になる腹黒さが、しっかりと身体に表れた背骨を歪めたといった案配である。


さては筋トレを誤ってやり過ぎたためか、歳が歳であるだけにこれからまずいことになると困ると、慌てて近くの整形外科で見てもらった。しかし、「このくらいに曲がっていることはあります。痛みがないなら問題はありません」とのこと。どうにも腑に落ちないが、素人としてはそんなものかと思うしかない。


そういえばレントゲン撮影をする際に入った部屋の入り口には、今ではありきたりのものになったマークと共に「放射線管理室」とか書かれていた。それを見ても何の警戒心も湧かない。むしろこの中の方が線量が少ないのではないかとどこかで思っている自分に気付き、そのことに今更ながら驚いた。