2015年7月14日火曜日

略式チンジャオロースー

暑いと火を使いたくなくなる。
そこで、このところ電子レンジを活用している。
今日は、ピーマンの千切り(といっても半分に切ったものを6当分するくらい)を、食パンが入っていたビニール袋に入れてチンした。これで炒める手間が一つ省ける。

チンジャオロースーのレシピがモデルだが、牛肉を使ったことはない。ピーマン千切りを電子レンジにかけている間に、林さんでいつも買う豚モモ赤肉ブロックを適当に千切りにする。塩胡椒、そして片栗粉(勿論、実体はジャガイモの澱粉)をまぶす。鍋に油を少々、暖まったところに針生姜、すぐ香りが出るので、間髪を入れずに豚を投入。強火で豚肉の表面の色が変わるまで炒め、火を少し弱めて豆板醤などの好みの調味料を入れ、味を肉に絡めたところで、ピーマン投入。火を再び強めにして全体にムラがないように炒め合わせて終わり。

写真1は、左から切り取ったピーマンの芯、ピーマンの適当千切り、右に豚赤身ブロック。その奥にブロックから除いた脂部分。

写真2は、右がチンしたあとのピーマン、左が豚赤身の適当千切り。

写真3は、出来上がり。大根千切りと揚げの味噌汁。中央に胡瓜とワカメ、小女子の三杯酢和え。酒はこだまさんで買った鶴岡の白露垂珠